申し込み用紙にペンを走らさせる魔法の仕掛け

あなたはセミナーで申し込み用紙を用意しているだろうか?

ミドルエンドで個別相談、バックエンドで商品の販売などセミナーの構成でオファーは違えどお申込み用紙を用意することはコンバージョン率を上げる立役者になるはずだ。

このようなツールを使い、私たちは参加者に『Action(商談を前進させるための行動)』を起こさせることを仕組みの中に入れていく必要がある。
今回は参加者にActionを起こさせる具体的な手法をご紹介しよう。

最初の一歩はゴールを明確にすること

まずあなたに最初に伝えなくてはいけないことは、セミナーでのゴールを再確認しようということだ。
ゴールが明確でなければ、正しいActionを選ぶことはできない。

大事なことは逆算だ。
セミナーでのゴールは『申込書にサインを書かせる』ことにある。

「え、ゴールはバックエンドを売ることだろ?」

焦ってはいけない

ものごとには順序がある

フロントセミナーはAction(商談を前進させるための行動)をさせれることができれば立派なゴールといえるだろう。それが申し込み用紙に記入させるといったことだ。
Actionを起こさせた後にゆっくりクロージングをすればいい、おもしろいようにクロージングができるだろう。

まず読み進めていただく前に、あなたはフロントセミナーで参加者にどんなActionを起こさせたいかを改めて考えなおそう。

[セッション1]セミナーで参加者にさせるべきActionとはなにか?

1. Theレジュメ戦術

セミナーセールスラボでは穴埋め式のレジュメを参加者に配ることが多い。
以下のようなものだ。

セミナークロージングで強力な(       )は必ず用意するべきツールだ。
また(       )をしてくる参加者は意識が高いので積極的にアプローチしよう。
※上記の空欄に記載させる

セミナークロージングで強力な( オファー )は必ず用意するべきツールだ。
また( 質問 )をしてくる参加者は意識が高いので積極的にアプローチしよう。
※こんな感じ!

このようにレジュメを用意し、記入させるのはなぜか?

それは私たちが用意したレジュメ書かせるという前提をつくることにある。

つまりこの前提をつくることで、私たちが用意しに申し込み用紙に参加者自ら書かせるといった前行動をとってもらうことなるからだ。そう、心理的な障壁のひとつを崩したことになるのだ。

[セッション2]セミナーでどのような穴埋めのレジュメを用意できるだろうか?

2. 限定性(希少性)をだす

この項目については後日詳しく記事を書くので、ここでは簡単に説明しよう。
参加者は、自分の時間とお金を使ってセミナーに参加してなにかを得ようという前向きな姿勢の人たちだ。
逆に言えば、なにかを得ようと必死になっているともいえる。

そんな心理の人たちにバックエンドを進める場合、以下の限定要素をオファーの中に取り入れると強い圧がかかるようになる。


・時間の限定 – 「今日、申し込みをしてくれた人にだけ販売いたします。」
・数量の限定 – 「先着10名でこの価格は通常価格に戻ります。」
・特典の限定 – 「通常ではつかない特典を今回特別におつけします。」

バックエンドの属性にもよるが、これらの限定性を付け加えることで強力なオファーに変化する。

[セッション3]バックエンドに見合った限定性はどんなものがあるか?

3. 割引金額、特典を記入させる

きっとあなたもセミナーのオファーでは、特別な割引や特典をつけるということを取り入れいることだろう。

「通常は10万円のところを、セミナー参加者の方には特別に8万円でご提供!」
「今日お申込みしてくれた方へ特別に、5つのスペシャル特典をつけましょう!」

など用意させているはずだ。

しかしこのオファー、あなたの口から伝えるだけでは少し惜しい。
実際に参加者に書いてもらうのはどうだろうか?

kisai

このように申し込み用紙のバックエンドの価格に二重線を引いてもらったり、割引後の価格を書かせることで、
参加者に私たちが用意した用紙に記載してもらうというという行動をとってもらえるではないか!
心理的障壁を砕いているのがおわかりいただけるだろう。

[セッション4]金額の訂正や特典を記載できるような空白のある部分を用紙の中にいれてみる

4. 実際に一緒に書く

以上の説明した項目のことを、あなたも前で一緒にデモンストレーションをしてみよう。

メラビアンの法則で説明するならば、人は視覚に頼って物事を判断する。
ならば、あなたはActionの指示を口頭でするのではなく、表情や身振り手振りで実際に見せたほうが効果的だと思わないだろうか。

実際に申し込み用紙をもって、価格に二重線を書いて、特典を記入して、名前を書いてみるのはどうだろうか?

おもしろいもので自然と参加者が同じように申し込み用紙にサインをしてしまうだろう。

[セッション5]デモンストレーションをとりいれる。

インタビューを受けてみませんか?

私たちセミナーセールスラボはセミナービジネスについて日夜研究しています。
しかし机の上ではなく、実際にセミナーを実践しているセミナー講師、主催者に直接学ぶことこそ本当の学びだと考えています。

そこで、セミナーセールスラボではセミナー講師、主催者に直接インタビューしセミナービジネスでの成功の秘密を解明していきます!

・インタビュアーとカメラマンがいて、費用は完全無料!
・自分のセミナーの告知の告知もできちゃう!
・認知向上のために使えばブランディング戦略にも!


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*