[インタビュー]FP相談室マネー&キャリア 大内 優氏

DSC00316

セミナーセールスラボインタビュー第二弾!
大内優さんをお招きして、口コミでセミナー集客をする方法を聞きに行ってまいりました!

―大内さんよろしくお願い致します。本日はセミナーが終わった直後にインタビューさせていただいております。
よろしくお願いします。
今日の参加者の方も素晴らしい人たちばかりでした。
自分のビジネスの商品サービスをしっかり売りたいという人はもちろん、心の底から業界を良くしたいという人が参加されていました。その思いが伝わってきたので、セミナーをしていて、とても楽しかったです。

―いま大内さんはどのようなセミナーを行っているのですか?
お金なし、コネなしでもTVに取材される方法を伝授するということで
「元テレビマンが語る プレスリリース7つの極意」というセミナーを行っています。

―元テレビマンなのですね、どれくらい業界にいたのですか?
大学を卒業してから4年間業界にいました。

―やはり一般人にはわからない裏側ってあるのですか?
そうですね、みなさんが共通して思うことは、テレビ業界は特殊な環境だと思っていることです。
縁遠いなとか、自分が出演するなんて恐れ多いとか…。

でも実はTV側も視聴者や一般の人からの情報を求めているんですね
今は人員も少ないし、情報を探す時間も限られているのでなかなかネタを集めきれないでいるのです。

―なるほど、そういった背景もあってテレビに取材してもらえるよう、働きかけるのですね!
そうです。プレスリリースという正攻法でどれだけいいネタをもっていけるかが勝負です。
世の中、だれでも輝けるネタって持ってるんですよ、一番になれるネタやオンリーワンになれるものを持っているんです。

でも実際にプレスリリースを書こうと思うと、一人でモンモンと考えて行き詰って、堂々巡りになってしまいがちです
私の仕事はそこに光を当ててあげることです、その方法をセミナーで教えています。

―では、参加者の最終的なゴールは『メディアに出演する』ということになるんですか?
いいえ、違います。 一度はテレビ出演を考えたことがある方なら、ご存知かもしれませんが、PR会社という、プレスリリースの作成を代行したり、マスコミに配信するサービスを扱っているところはあります。
PR会社は、メディアに出演することがゴールになっている場合が多いです。

でも実際、何のためにメディアに出演するかと言ったら、売り上げを上げるためだったり、お客さんを呼んだり、いい採用をするためだったり、ブランド力を上げたりとか、それが目的なんです。

であれば、そこまで徹底的にサポートするのが、私の役目だと思っています。

最初から最後までサポートするところはないと思うんです。

なので私はTV局にいた人間として、メディア出演のお手伝いをします。
そしてFP・コンサルタントとして、その先の売り上げアップや集客の仕組み作り、融資・資金繰りの相談や経営改善まで、パートナーとして一緒に作り上げていくことを強みとしてやっています。

―参加された方の実際の成果というのはどんなものがありましたか?
もちろんテレビ出演をコミットしていますから、テレビに出た方もいます。
またこんな方がいました。

その方は、人材教育のコンサルティングをしているのですが、自分のサ-ビスに値付けができていなかったんですね。
とても良いサービスを提供しているにも関わらず、控えめな価格設定をしていたのですが、
セミナーに参加してくれたことによって、サービス単価を8倍にすることができました。

プレスリリースと関係ないように思いますよね?でもプレスリリースを考えるということは自分のサービスの根本を見つめおさなければいけません。
すると自然と自分のサービスの価値っていうものがわかってくるようになるんです。そういったこともあって正しい値付けができるようになったのです。
その結果、売り上げも8倍になって、とても感謝されました。

DSC00218

―素晴らしい結果ですね、では今度は大内さん側がセミナーをやるメリットを教えてください。
そうですね、たまに”テレビ”というキーワードだけで、
興味本位でセミナーにやってくる人がいます。しかし、そういった人は取材を依頼するというプレスリリースに対して関心が薄いため、セミナー最初の段階ではあまり興味を示しません。

しかし、そういった方たちはテレビの魅力を知っています。ですから、自分のビジネスに対しても使える部分が多いんだと理解してもらえると、すごい強い興味を示してくれるようになるんです。
セミナーはそういった点で、非常に強力です。テレビの魅力、テレビがビジネスに使えるという魅力の両方を伝えることができるからです。
今日のセミナーでも、最初、全員に「テレビに出たいですか?」と聞くと、半分しか手が上がらなかったので、ちょっと心配だったのですが、最後は来てくれた方達全員が個別相談を希望して帰られました。

―それはすごいですね!セミナーは関心の薄い方たちも掘り起すことのできるセールス手法なんですね
はい、そうなりますね

―ちなみに月どのくらいセミナーをやっているんですか?
去年の9月に開業してからは、セミナーを週に一回程度やっていたのですが、今年の5月に神田に事務所を移してから、事務所が移転したことを知ってもらおうと月に10回を目標にしているんですね。
実際はかなり大変です(笑)

―月10回はすごいですね!
集客はかなり大変です(苦笑)5月6月とやってみて、さすがに難しいことがわかったので、今月からは従来の週に1回ペースに戻そうかなと…(笑)
でも私のセミナーは他のPR会社やFPの方がやっていない独自の強みがあるので集客自体不可能ではないと思っています。

―なるほど、では実際にどのように集客をしてきているんですか?
Facebookが半分、口コミが半分です。
参加者がお友達を呼んでくださるケースが非常に多いです。
ただ、最初はうまくいきません。地道な活動と紹介やリピートにつながる参加者との信頼関係をつくることが大事です。

―Facebookや口コミで意識している仕組みってありますか?
私自身がやっていることはアンケートです。
参加動機がなにで、どの媒体から来て、受けてみてどうだったか、さらにセミナー中でのサービスについてどうだったのか
など一回一回分析をすることです。
これを参考にして、次回の集客に役立てていきます。

そしてなにより自分のプロフィールを事前に見てもらうことをしています。
「人となり」を知ってもらうことができれば、参加者の方たちと連携がとりやすくなります。より信頼感が増した状態で、セミナーを行うことができるんです。
ですので、セミナー前にプロフィールを読んでいただくように、「私の履歴書」というプロフィールを必ず用意するようにしています。
これのおかげで紹介やリピートに繋がっていると強く実感しています。

IMG_1406大内さんが用意している「私の履歴書」

  

―セミナーセールスでバックエンドを販売するときに気を付けていることはありますか?
一番は嘘をつかないということです。
よく買ってほしいがために嘘の約束をしてしまうというのも見聞きしますし、最後までサポートをしない、ずさんな会社があるのも現状です。

私はサポートを非常に大事にしています。
バックエンドはコンサルティングというような形なのですが、その時にでも「テレビに出演する」ことをサポートする出演保証のプランや、売上がアップするまで経営支援をするプランをつくるなど、サポート体制をしっかりと確立しています。

―セミナーで成功するための秘訣ってなんですか?
一番は自分が楽しむことじゃないですかね。
セミナーをやっていて、本当にたのしいんですよ!

元々大学時代に塾講師をやっていたのですが、4年間で800人ほどの生徒を指導した実績があります。
その裏には頑張る人をサポートする楽しさっていうのがあるんですよ。

仮にお金がもらえなかったとしても、趣味でセミナーをやると思います。
そのくらい人と話して、情報を伝えることって楽しいことなんですよ!

―自分のセミナービジネスの課題はありますか?
正直ベースで言うと、セミナーに申し込んでくださった方が、当日お越しになられなかったりすることもあるんですよ
それがすごく残念なんです、自分の中でもイメージを膨らませて、こういう方に会えるのか、楽しみだなぁという期待をしているので…。

あとはキャパシティですね
どうしても一人一人に目が届く範囲だと少人数になってしまうんですね
ただ自分としてはもっと大人数でやってみたいとも思っているんです。
常に葛藤していますね、情報を伝えたいという意味ではもっと大人数でやりたい、でも少人数だとコミュニケーションも取りやすいので、満足度も高いんです。
これはジレンマです。

―セミナーでこんなサービスがあったらうれしいものはありますか?
私の会社はまだ小さい会社でありますので、セミナーのことをすべて自分でやらなくてはならないんです
集客も、出欠管理も、領収書のチェックやスケジュール管理、あとは備品の準備とかも。
なのでもっとセミナー(講演)に集中できていたら、いらっしゃった方への個別対応もできるのになぁと思うんです。

もちろんうちにも優秀なメンバーがいますが、
少人数のセミナーだからといってスタッフが少なくていいわけではないんです。
やっぱりスタッフの数って必要です、お客様のフォローだったり、そんなことをやってくれる人がいたらいいなぁと思います。

―最後にセミナーセールスラボの読者にセミナーセールスをするための心構えを伝えてもらってもよろしいでしょうか!?
そんな大それたことはできないですけども(笑)

セミナーって、やっていてすごく楽しいものだと思うし、楽しさや熱意ってお客様に伝わります。
その思いが伝わって、お客さんがリピートしてくれたり、知り合いの方を紹介してくれるようになるんですよね。

場合によってはですよ、会社や上司の命令とか、義務とかでやらなきゃいけない時もあると思うんですよ
でも、やっぱり楽しんで、セミナーをやっていただくといいんじゃないかと思うんです。

それがセミナーで無理せず結果を出す秘訣だと思います。

―大内さんありがとうございました!
また、大内さんは、http://media-planner.net/mkp/ou.htmlで、メディアに取り上げられる7つの秘密を7月21日(火)から期間限定で無料公開されるそうです。ページ公開は7月中旬です、ブックマークしておいて是非ご覧ください。

大内 優
FP相談室 マネー&キャリア代表

経歴
1978年 福島県郡山市生まれ
2002年 慶應義塾大学商学部卒業
2002年~2006年 福島テレビ株式会社 (報道記者)
2006年~2007年 フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社(FPコンサルティング事務所)
2008年~2009年 株式会社東京ファイナンシャル プランナーズ(FP教育機関 法人営業部)
2009年~2014年 ジブラルタ生命保険株式会社(セールスマネージャー)

資格
日本FP協会認定 CFP
1級FP技能士
住宅ローンアドバイザー
ほめ達検定1級
日本実務能力開発協会 認定コーチ

HP:http://www.money-career.jp

インタビューを受けてみませんか?

私たちセミナーセールスラボはセミナービジネスについて日夜研究しています。
しかし机の上ではなく、実際にセミナーを実践しているセミナー講師、主催者に直接学ぶことこそ本当の学びだと考えています。

そこで、セミナーセールスラボではセミナー講師、主催者に直接インタビューしセミナービジネスでの成功の秘密を解明していきます!

・インタビュアーとカメラマンがいて、費用は完全無料!
・自分のセミナーの告知の告知もできちゃう!
・認知向上のために使えばブランディング戦略にも!


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*