[インタビュー] 療匠庵代表 今福敏雄氏

0008_xlarge
今回のセミナー講師インタビューは、独自の手法で治療院をやられている今福敏雄先生に現在行なっているセミナーについてお伺いしようと思います。
治療院をやっていてセミナーも活用している先生は是非ご覧ください!


―それでは宜しくお願いします。早速ですが先生のお仕事とはどういったものなのでしょうか?

僕の治療はとても独特で、「脳の力で身体を治す」ということをしています。

人間の仕組みとして脳が「骨よ、まっすぐなれ!」と脳にイメージを浮かばせることができればとスッともどるものなんです。この使っていない脳を使わせることで人間の自然治癒力をよみがえらせることが僕の治療の根本です。

僕の場合、言語を使わず言語を脳にインプットさせて患者さんの抱えている病床や症状を治すことができます。
具体的に言えば、耳でなく目でなく、脳にダイレクトにすりこむために普段使っていない身体の使い方を変えていくことで動いていない筋肉が動き脳も同時に働くようになります、するといままで使われていなかった自然治癒力が戻ってくるんです。

―なるほどですね、魔法のような施術方法ですね!いまでもたくさんのお弟子さんを抱えているとお伺いしていますがどうやって集客しているのですか?
「僕にしか学べない」ということをどう伝えていくかということが大切です。
修練が必要なく、聞いてすぐ使うことができるといったものではないとお客さんは納得しない。
僕の施術は学んだことがすぐできてお金になってフィードバックとして帰ってくる、だからお客さんも自然と増え、口コミもでてくるんです。
僕の弟子も参加してくる生徒さんもすぐに収入になっているから、講師として教えている人も大勢います。

0013_xlarge※実際に先生の施術をみせてもらいました!

―バックエンドはどのようなものを設定していますか?
僕の治療技術は誰でもできて、すぐに行なうことのできる技術ですので、これをしっかりと学びたい方への講習がバックエンドという風になります。
初級編、中級編、上級編とそれぞれ学びたいレベルで講習を用意しています。

―バックエンドの成約率はどれくらいですか?
ほぼ100%です
まず来る方たちが鍼灸師、柔道整体師、歯科医、または普通のお医者さんです。

来る方が何を求めているか、それを読み取り、あとはそれに合わせたものを提供するだけです。
中にはどうしても自分自身が名人になりたいという思考の人が多く、テクニックを学びたいという人が参加します。
でも実はそこはそんなに大切ではありません、だって僕の施術は簡単にできてしまう技術ですから(笑)
それを証明するために施術のデモンストレーションも弟子にやらしています、それが本来彼らの求めていることだったりもするんです。

―ターゲットが明確で、さらにニーズをつかみ取ることができればそこまでのクロージング率をたたきだけするのですね!

―現在のセミナーの課題点はあったりしますか?
集客に関しては問題ないですね。
ただプライベートの都合上、いまの場所(町田の療院)を離れられないので、依頼があっても地方などの講演やセミナーにいけないというのが悩みです。
だからこそ、町田を中心にもっとセミナーができる環境や場を開催してくれる人がいたらジョイントベンチャーを組みたいですね。

―セミナーがうまくいっている秘訣はなんですか?
それは教えていることに「再現性」があるかどうかです。
セミナーを使って色々な技術や施術を教えている人はいますが、多くの方は名人芸のお披露目になってしまうケースが多いんです。
つまり卓越した技量をもっている先生とおなじように施術ができるわけがないのに、参加者はそれに魅了されてやってくるものです。
でも実際は、多大なる修練と修行が必要になる。にわかに学んだ人ができるわけがないんです。

僕は参加者の方が自分でできるようになって患者さんに施術できてお金になればいいと思っています。
だから僕が教えることは修練がいらず真似するだけでできるようにしているんです。

再現性があればセミナーや講習は続くのですね
だから手技は教えないです、手技には修練が必要でしょう?

―読者に伝えたいことはありますか?
うちは治療院なので同じ療院の方たちにお伝えいたします。
患者さんを集客したいのなら、自分しか治せない技術をより深く追求して自分独自の治療法を確立すべきです。
そして今日の治療費は、一体何を得ることができるのかを具体的に伝えなければなりません。
そしてゴールまでの全体像を教えてあげて、次のステップを教えてあげる。
ここまで理解した患者さんは理解度と解釈のレベルが変わっていくので、治療に対しても前向きになり、お仕事としてもうまく回っていくようになります。

そして同じ内容を違う表現でなんども説明していくことが大切です。
理解の解釈やスピード、キャッチの仕方は人それぞれ違います
360℃どの位置からでもはいっていけるように言葉のチョイスをとても大切にしています。

―今福先生どうもありがとうございました!

0015_xlarge

療匠庵代表 今福敏雄氏

大学では中国地域研究の中で漢方医学思想を研究。
又、一橋大学南博名誉教授が顧問の研究所で研究生となり、異常心理学(催眠心理学)
及び交流分析を研究。又、USA.大学研究所にて、血液生理学、医用電子工学の
講座を履修し課程を修了。

その他、体育手技療法の研究の為、医療専門課程の専門学校を卒業。
民間療法の総合研究では、公益法人研究機関の療術研修生となり課程を修了。

1980年代には、多数のエッセイを発表する。

現在、療匠の会(宝石光触媒療法)代表 療匠庵・今福敏雄研究室長 
NPO横浜大学顧問 
(一社)神奈川県療術師会〈日本赤十字社奉仕団〉会員 
日本療術学会員

インタビューを受けてみませんか?

私たちセミナーセールスラボはセミナービジネスについて日夜研究しています。
しかし机の上ではなく、実際にセミナーを実践しているセミナー講師、主催者に直接学ぶことこそ本当の学びだと考えています。

そこで、セミナーセールスラボではセミナー講師、主催者に直接インタビューしセミナービジネスでの成功の秘密を解明していきます!

・インタビュアーとカメラマンがいて、費用は完全無料!
・自分のセミナーの告知の告知もできちゃう!
・認知向上のために使えばブランディング戦略にも!


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*