セールス、クロージング

申し込み用紙にペンを走らさせる魔法の仕掛け

あなたはセミナーで申し込み用紙を用意しているだろうか?

ミドルエンドで個別相談、バックエンドで商品の販売などセミナーの構成でオファーは違えどお申込み用紙を用意することはコンバージョン率を上げる立役者になるはずだ。

このようなツールを使い、私たちは参加者に『Action(商談を前進させるための行動)』を起こさせることを仕組みの中に入れていく必要がある。
今回は参加者にActionを起こさせる具体的な手法をご紹介しよう。

続きを読む

セミナー講師必見!クロージング率が急上昇する7つの質問

さぁセミナーセールスをやってみよう!
と、息巻いて最初に挫折するポイントが
「どんな内容のセミナーにすればよいのだろうか?」というシンプルなところからだ。

セミナーを構築するための知識は学校では教えてくれない、ましてやそれをセールスとして活用するための経典などどれだけ限られてくるだろうか。

そこで、今回は経典とまではいかないが、たった7つの質問に答えるだけで自分のセミナーに盛り込むべき内容があぶりだせ、さらに成約率まであがるという7つのクエスチョン(Seven questions)をあなたにご紹介しよう。

続きを読む

あなたのクロージングには天使が住んでいるか?悪魔が住んでいるか?

「商品を売る」
この行為はビジネスを成り立たせるためには必要不可欠な行為だ。
これが売り上げをつくるプロセスのゴールだとするならば、あなたはそれまでに数多くの手法を使って顧客を導いていかねばならない。

商品を知ってもらうために広告を打ったり、パンフレットを用いて詳しく説明をしてみたり、信頼関係を作るために昼食をともにしたり・・・

しかしなによりも売り上げを作り出すフェーズは”クロージング”という行為であるということを忘れてはならない。
セミナーで言えば、集客がうまくいっても、講演内容がいかに素晴らしくても、クロージングができなくては売りあげを立てることはできないといった具合だ。

まず記事を読み進める前に、あなたに問いたい。
「あなたのクロージングは、うまく成功しているだろうか?」

続きを読む

バックエンドの販売は「もっと!」を追及すること

セミナーでの販売を目的とするなら、見込み客を集めるフロントエンド(フロントセミナー)で、最終的に売りたい商品やサービスの”バックエンド”を売り込まなくてはなくてはセミナーセールスにはならない。

バックエンドを販売することによって初めて収益になる場合が多いのだが、セミナーで売り上げを上げられない講師がいるのは、このバックエンドを販売する能力が身についていないからだ。
だからといって講師のおもしろさや話術の問題だけではない。

なによりも大切な要素は、参加者の「もっと」を引き出せていないからに他ならない。

続きを読む